連続テレビ小説の感想ブログ♪ 

朝ドラの感想・ネタバレ・視聴率・ツイッターまとめ

「なつぞら」第63話の感想・あらすじ・視聴率 ノブ(工藤阿須加)が千遥ちゃん捜索に消極的に見えるところが気になる(´;ω;`)

「なつぞら」第63話の感想♪(第11週:なつよ、アニメーターは君だ)

f:id:manpuku_kansou:20190613112230j:plain

6月12日(水)第63回放送分の感想です。ネタばれありなので、まだ見ていない方は読まないでくださいね。第11週のみどころはコチラ↓でチェック♪

www.nhk.or.jp

 

スポンサーリンク

 

なつぞら 視聴率

headlines.yahoo.co.jp

第63話の視聴率は20.6%でした!

第63話 あらすじ

あらすじ

なつ(広瀬すず)はアニメーションのトレースという作業に挑戦する。簡単そうで難しい作業に改めてアニメーションの奥の深さを実感する。昼休み、なつが桃代(伊原六花)と話していると、アニメーターの下山(川島明)から、ファッションについて指摘される。驚くなつ。そしてなつは川村屋を訪れる。信哉(工藤阿須加)の取材した迷子のニュースを見るとなつは、妹の千遥のことを思い出す。

引用元:

NHKオンデマンド | なつぞら (63)「なつよ、アニメーターは君だ」

「なつぞら」を見逃した方、もう一度見たい方は、U-NEXTで見ることができますよ↓

 

なつぞらの「登場人物」はNHK公式サイトで確認できますよ↓

第63話 感想♪

久々の出演だったマダム(比嘉愛未)。相変わらず咲太郎(岡田将生)のことでなつ(広瀬すず)にからかわれていた。

久々野上さん(近藤芳正)も、咲太郎への恋心の話のときは否定しないんだよね。いつもマダムの気持ちを大切にしている野上さんだから、マダムに咲太郎への気持ちがないなら絶対否定するはず。

「マダムに失礼です!」ってキリっとした顔で言うはず。だからきっとマダムは咲太郎の事好きなんだろうねー。新劇のチケット、10枚も買ったマダム(笑)

 

ところで、笑えたのは、満席で座れない状態だったのに、急にみんなで座ってたこと(笑)マダムも一緒に座って、ノブ(工藤阿須加)が取材して完成したニュースを鑑賞(笑)

 

ニュースを見て、千遥を探したいと言う気持ちが強くなったなつ。ノブはなんだか消極的…。

 

ノブって、孤児院に届いていた手紙を頼りに東京から北海道までなつに会いに来てくれたんだよね。そこが違和感なんだよね…。住所が分かったからっなつにはるばる会いに来たっていうのは分かるんだけど、やっぱ北海道と東京って遠いよ…。

 

なつと再会するまで、咲太郎を見つけられなかったノブ。でも、咲太郎っていとも簡単に見つかったよね。本気で探したことなかったように思えたくらいんだもん。なつには会いたかったけど、咲太郎と千遥に対しても、同じくらいの熱意があったのかなぁ。

 

千遥のことも、ノブももっと一生懸命になっていいと思う。だって、家族同然に助け合って生きてきたんでしょ。ノブって、なつに対してだけ一生懸命なんだよね…。

 

ノブとなつが再会したのは第26話↓なつが幸せにしているかどうか気になってたった一人で会いにに来てくれたんだよね。同じように千遥が幸せにしているかどうか見たいはずなのに、探すことに消極的なノブ…。

www.manpuku-kansou.com

 

咲太郎は孤児院を出た後も千遥の行方を捜していたんだね。親戚の住所を訪ねたり、孤児院に手紙が届いていないか確認したり。それでも会うことができなかったんだね。

 

咲太郎の気持ちを思うと泣けるな(´;ω;`)なつも咲太郎が家族にずっと会いたがっていたことが分かって良かった。

 

ところで…。石井富子(梅舟惟永)の仕事をきっちり教えるやり方いいよね。トレースに挑戦したなつ!

 

今回衝撃だったのが、なつとももっちの服装をチェックしていた下山さん(川島明)(笑)

毎日同じ服着てないか見られてるなんて嫌だわΣ(゚д゚lll)なのに、俄然おしゃれにやる気になったももっち…。ももっちもおもしろい人やね。

 

最後に気になるのが、毎日、「人形の家」第3部だけ見に来ているという雪次郎(山田裕貴)。自立のシーンが気になるんかね。雪次郎も演劇の道に進むのかな~。

スポンサーリンク

 

第63話 ツイッターまとめ!

 

 

 

以上が、朝ドラ「なつぞら」第63話の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク