連続テレビ小説の感想ブログ♪ 

朝ドラの感想・ネタバレ・視聴率・ツイッターまとめ

「なつぞら」第56話の感想・あらすじ・視聴率 貫地谷しほりさん演じる麻子ちゃんがめっちゃかっこいい!なつへのイライラを代弁してくれ!

「なつぞら」第56話の感想♪(第10週:なつよ、絵に命を与えよ)

f:id:manpuku_kansou:20190612121812j:plain

6月4日(火)第56回放送分の感想です。ネタばれありなので、まだ見ていない方は読まないでくださいね。第10週のみどころはコチラ↓でチェック♪

www.nhk.or.jp

 

スポンサーリンク

 

なつぞら 視聴率

mantan-web.jp

第56話の視聴率は21.2%でした!

第56話 あらすじ

あらすじ

東洋動画の仕上課に勤務するなつ(広瀬すず)は、仲(井浦新)に誘われ、作画課の部屋を訪ねる。そこでなつは、仲と井戸原(小手伸也)のふたりが、東洋動画を支えるアニメーターだと下山(川島明)から教えられた。そのとき、奥のほうで男女の口論が聞こえてくる。原画のキャラクターを捉えきれていないと指摘する麻子(貫地谷しほり)に対し、納得できない様子の堀内(田村健太郎)。そんなふたりの様子になつは驚き…。

引用元:

NHKオンデマンド | なつぞら (56)「なつよ、絵に命を与えよ」

なつぞらの「登場人物」はNHK公式サイトで確認できますよ↓

第56話 感想♪

前回第55回で「なつよ、頼むから仕事してくれ(´;ω;`)」と思いながら見ていたなつぞら…。

www.manpuku-kansou.com

今回も作画課をうろちょろするなつ(広瀬すず)。う~ん…。なつの動きがこんなにもうざく見えるのはどうしてなんだろう…(-_-;)ほんとにどうにかしてくれ、この状況…(´;ω;`)つまらん…(´;ω;`)

なつは仕事での動きもつまらんし、家に帰れば亜矢美(山口智子)がご馳走を作ってくれていて、絵を描きながら寝てしまえばお布団に運んでもらえる…。ももっち(伊原六花)との生い立ちの話での発言も好きになれないわ。

「北海道は快適過ぎました。」(なつぞら第56話)

快適なのはいいけどさ。もう、なつのキャラが本当に分からないわ。つまらないにもほどがあるわ(´;ω;`)つまらなすぎて泣きたいわ(´;ω;`)

 

そんな「なつぞら」に救世主だよね。大沢麻子(貫地谷しほり)!ぬるい「なつぞら」を締めてくれている麻子ちゃん。その麻子ちゃんにあのセリフは言わせてほしくなかったな。

「会社の男はみんな自分のものみたいな顔しちゃって。将来の旦那に会いたいって気持ちが滲み出てんのよその顔から!」(なつぞら第56話)

これって、ただなつの若さや可愛さに嫉妬しているみたいに聞こえてしまいかねないよね。アニメーションに命かけてる感ある麻子ちゃんから出るセリフがこれか…。違う言い方なかったんかいって思ったわ。

それでも、貫地谷しほりさんが演じる麻子ちゃんがめっちゃかっこいいし、なつへのもやもやとした気持ちを代弁してくれた感もあって良かった◎

 

ところで、下山克己(川島 明)って結構重要な役だったんだな~。出番多いやん!!

スポンサーリンク

 

第56話 ツイッターまとめ!

以上が、朝ドラ「なつぞら」第56話の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク