連続テレビ小説の感想ブログ♪ 

朝ドラの感想・ネタバレ・あらすじ・ツイッターまとめ

「なつぞら」第47話の感想・あらすじ・視聴率 岡田将生演じる咲太郎の目がキラッキラで、ダメ男でも好きになる女子の気持ちが分かりすぎる…!

「なつぞら」第47話の感想♪(第8週:なつよ、今が決断のとき)

5月24日(金)第47回放送分の感想です。ネタばれありなので、まだ見ていない方は読まないでくださいね。第8週のみどころはコチラ↓でチェック♪

www.nhk.or.jp

 

スポンサーリンク

 

なつぞら 視聴率

www.nikkansports.com

第47話の視聴率は21.6%でした!

第47話 あらすじ

あらすじ

咲太郎(岡田将生)の勘違いによって、亜矢美(山口智子)が営むおでん屋・風車に連れてこられたなつ(広瀬すず)。そこで咲太郎の誤解を解くことができ、川村屋へと戻ることができた。そこでなつは、東京に来ることになった本当の理由を咲太郎に告げる。その後咲太郎は、なつたちの付き添いで東京に来ていた雪之助(安田顕)から、なつが漫画映画を作るために東洋動画に入りたいと思っていることを知らされる…。

引用元:

連続テレビ小説 なつぞら - Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表]

なつぞらの「登場人物」はNHK公式サイトで確認できますよ↓

第47話 感想♪

雪之助(安田 顕)、自分が蒔いた種は覚えてない(笑)まぁ、誤解の種を蒔いたのが雪之助で、刈り取ったのも雪之助だからまぁいいか( ´艸`)誰かがつぶやいていたな、バカは誤解が解けるのも早いって(笑)

 

「俺に任せろ」「なんとかしてやる」…咲太郎(岡田将生)、張り切ってる。子ども時代の咲太郎は頼りになるお兄ちゃんって雰囲気だったのに…。今は頼りない(;´Д`)頼りないだけじゃなくって、ちょっとウザいし咲太郎が張り切りすぎて突っ走って迷惑だし。渡邉 蒼→岡田将生の変貌ぶりは想像を超えてた。

でも、そんな咲太郎が好き(≧∇≦)目がキラキラ、ランランとしてる(≧∇≦)いや、咲太郎が好きっていうか岡田将生さんが好きなのか。

 

なつの漫画映画を作りたいっていう夢も壊しかねない勢い。バカは考える前に即行動だから、東洋映画の社長・大杉 満(角野卓造)に話しかけに行っちゃった(;´Д`)

 

佐々岡信哉(工藤阿須加)は就職してビシッとスーツ着て川村屋に来店。嫌味キャラの野上健也(近藤芳正)に、信哉気に入られているみたい!!きっちりしている人が好きなんだ~、野上って。馴れ馴れしくて北海道弁しゃべる柴田家とか、バカまる出しな咲太郎はめっちゃ嫌いって露骨だし、好き嫌いが丸わかりな野上がグッドだわ( ´艸`)

 

 なつと咲太郎が家族に戻るのは難しそうだね。信哉が間に立ってくれるんだろうか。一緒に過ごした時間って大切だね。大切な時期に一緒に暮らせなかった兄弟が不憫だな。

 

 

雪之助がいつの間にか北海道に帰ってた。クリームソーダをじいちゃん(草刈正雄)にご馳走(≧∇≦)じいちゃんが見れて嬉しい~。夕見子(福地桃子)の大学生活も垣間見れるといいなぁ。

 

スポンサーリンク

 

第47話 ツイッターまとめ!

以上が、朝ドラ「なつぞら」第47話の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク