連続テレビ小説の感想ブログ♪ 

朝ドラの感想・ネタバレ・視聴率・ツイッターまとめ

「なつぞら」第41話の感想・あらすじ・視聴率 なつのあざとさが見え隠れ。じいちゃんみたいになりたい→アニメーションってどういうこと!?

「なつぞら」第41話の感想♪(第7週:なつよ、今が決断のとき)

5月17日(金)第41回放送分の感想です。ネタばれありなので、まだ見ていない方は読まないでくださいね。第7週のみどころはコチラ↓でチェック♪

www.nhk.or.jp

 

スポンサーリンク

 

なつぞら 視聴率

www.nikkansports.com


第41話の視聴率は22.2%でした!

第41話 あらすじ

あらすじ

東京に行きたい本当の理由を家族に伝えられないまま、泰樹(草刈正雄)から後押しされてしまったなつ(広瀬すず)。日が替わり、雪月に立ち寄ったなつは、雪之助(安田顕)から、泰樹にお願いされ、東京の川村屋で働けるよう手はずを整えたと聞かされる。ますます自分のために東京に行くと言えなくなってしまうなつだったが、とよ(高畑淳子)だけは、そんななつの気持ちを察し、なつにアドバイスを送るのだった…。

引用元:

NHKオンデマンド | なつぞら (41)「なつよ、今が決断のとき」

なつぞらの「登場人物」はNHK公式サイトで確認できますよ↓

第41話 感想♪

なつ(広瀬すず)がなぜ東京へ行きたいと言ったのか本音で言わなかったために、川村屋で仕事をさせてもらえるように手配されていた(;^ω^)「このままじゃせっかく東京へ行っても、川村屋で働かされる~(;・∀・)」とヤバいと思って、焦ってやっとじいちゃんに本音を言えた…。って思った私は意地悪なのでしょうか…(;^ω^)

 

「じいちゃんが一人で北海道に来て開拓したみたいに。私も挑戦したい。さっきやっと分かったのさ。私、じいちゃんみたいになりたかったんだって。それが、私には、漫画映画を目指すことなのさ。」(なつぞら第41話)

感動のシーンなんだけど…、なつがやっと決心してじいちゃんに本音を言えたシーンなんだけど。何このとってつけた感…(;・∀・)なつ、じいちゃんみたいになりたかったからアニメーションを夢見たわけじゃないやん。父が残した家族の絵や、天陽くんとの出会い、幼き日に出合った漫画映画とかそういうのからどんどんアニメーションの世界に惹かれていっていて、東京で実際に制作現場を訪れて夢を持ったわけで、じいちゃんみたいになりたいからだとかは言いすぎでは!?

感動的なシーンは40話だけで良かったわ(;^ω^)40話の感想はコチラ↓

www.manpuku-kansou.com

じいちゃんの応援も昨日の第41話の東京の用事発言がめっちゃ良かったから、それで満足だったんだよね~。

「漫画か映画か知らんが、行って東京を耕してこい! 開拓してこい!」(なつぞら第41話)

でもこのじいちゃんの言葉は好き( ̄▽ ̄)漫画映画が何か分かってなさそうで( ̄▽ ̄)じいちゃんのなつが大好きすぎて、応援したくて仕方ないところが良い◎

最後、じいちゃんに認められた事を天陽くん(吉沢亮)に報告するなつ。嬉しすぎたせいか、天陽くんに抱きつく。嬉しすぎて抱きついたんだろうけど、じいちゃんへの言い方も含めてあざとさを感じるわ~(-_-;)

なつは自分のことをずるいって言っていたけど、じいちゃんへの言い方とか天陽くんへの接し方にずるさを感じたわ!

 

スポンサーリンク

 

第41話 ツイッターまとめ!

以上が、朝ドラ「なつぞら」第41話の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク