連続テレビ小説の感想ブログ♪ 

朝ドラの感想・ネタバレ・ツイッターまとめ

「なつぞら」第27話の感想・あらすじ・視聴率 川村屋は謎の雰囲気…信哉と兄探し!

「なつぞら」第27話の感想♪(第5週:なつよ、お兄ちゃんはどこに?)

www.nhk.or.jp

5月1日(水)第27回放送分の感想です。ネタばれありなので、まだ見ていない方は読まないでくださいね。第5週のみどころはコチラ↓でチェック♪

 

 

スポンサーリンク

 

なつぞら 視聴率

woman.infoseek.co.jp

5月1日第27話は22.9%だったそうです!

第27話 あらすじ

あらすじ

行方知らずのなつの兄・咲太郎を探すため、なつと富士子(松嶋菜々子)は十勝から東京へ。新宿の有名なパン屋・川村屋の前で信哉と待ち合わせたなつたちは、咲太郎のことを知るこの店の主・光子を訪ねる。光子は、かつて新宿にあった劇場で、咲太郎が裏方として働き、役者や踊り子からかわいがられていたと語る。なつは、光子がかある人物が自分の兄に違いないと確信するが……。

引用元:『なつぞら』第27話では、なつ(広瀬すず)が川村屋の主・光子(比嘉愛未)を訪ねる|Real Sound|リアルサウンド 映画部

第27話 感想♪

東京まで2日かけてやってきた奥原なつ(広瀬すず)と柴田富士子(松嶋菜々子)。2日もかかるんだー(;・∀・)ってことは、佐々岡信哉(工藤阿須加)も2日かけて十勝まできてたってこと!?

信哉はなつのこと、どう思っているんでしょうね。辛い時代を一緒に生き抜いた強い絆があるんでしょうけど、実の家族ではない。親戚に引き取られたというなつの妹、千遥の方が探しやすそうな気がするのに、なつだけを一生懸命探していた印象…。「北海道まではるばるなつに会いに来た人が、千遥に会えないのはどういうこと?」って娘に聞いてみたら、「千遥は親戚のところにいるから、大丈夫だろうって思ってんじゃないの」との返事あり。信哉が咲太郎(岡田将生)を探しているとの話もあったけど、川村屋に咲太郎を探している話をしたのは今日が初めてみたいですね。なつが東京に出てくる前にできそうなことをまだしていなかったか…Σ( ̄ロ ̄lll)まぁ、信哉も仕事に学業に忙しい身ですからね…。なつへの思いが強い男性陣が増えてきましたが、なつは誰に心惹かれるのでしょう!

ウエイトレスの三橋佐知子(水谷果穂)、牛乳を頼んだなつをじっと見ていました。煙 カスミ (戸田恵子)の付き人、土間レミ子(藤本沙紀)もなつをめっちゃ見ていました。これは、なつの可愛さ・美しさへの嫉妬でしょうか!?それにしてもなつ、着ているワンピースがめっちゃ似合ってすっごく可愛い(≧∇≦)

「川村屋」のマダムを演じるのは比嘉愛未さん!謎めいた雰囲気です。奥原咲太郎(岡田将生)に恨みでもあるのでしょうか??「どんと晴れ」でヒロインを演じていたそうで、「なつぞら」には歴代の朝ドラヒロインが現時点で5人目だそうです!(mantan-web.jpより)

お留守番している柴田家。いつも硬い表情の柴田照男 (清原 翔)もにこやかに見えて、「こんなにさみしい食事は初めてだ」って言っているわりに楽しそうでしたね( ´艸`)

第27話 ツイッターまとめ!

 

以上が、朝ドラ「なつぞら」第27話の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク