連続テレビ小説の感想ブログ♪ 

朝ドラの感想・ネタバレ・ツイッターまとめ

「なつぞら」第22話の感想・あらすじ・視聴率 倉田先生不在に…富士子ちゃん、母の愛情!

「なつぞら」第22話の感想♪(第4週:なつよ、これが青春だ)

www.nhk.or.jp

4月25日(木)第22回放送分の感想です。ネタばれありなので、まだ見ていない方は読まないでくださいね。第4週のあらすじやみどころはコチラ↓でチェック♪

 

スポンサーリンク

 

なつぞら 視聴率

1日の放送開始以来、好調な視聴率が続いているNHKの連続テレビ小説「なつぞら」が自己最高となる23・6%の視聴率をマークし、今週もトップとなった。前作「まんぷく」の最高視聴率は23・8%だったので、“まんぷく超え”も時間の問題か。100作記念の朝ドラということで、過去作のヒロインがこれでもかと登場しており、NHKの力の入りようも、半端ではない。

引用元:【週間視聴率トップ30】4/15~21 なつぞら最高更新 まんぷく超えも?(1/2ページ) - 産経ニュース

 最高視聴率となっているのが第15話です。もやもやとした気持ちを抱えつつ見ている「なつぞら」ですが、視聴率は好調!広瀬すずのおかげでしょう(^^)

第22話 あらすじとキャスト

あらすじ

倉田先生(柄本佑)が指示する言葉の意味がわからないなつ(広瀬すず)。演劇の稽古を見ていた天陽(吉沢亮)は倉田に疑問を投げかける。すると倉田は、思わぬこと天陽たちに打ち明けた。そのころ剛男(藤木直人)は、山田正治(戸次重幸)とタミ(小林綾子)に、今後は牛乳を農協が一括管理してメーカーに売りたいと説明。ところが山田は、泰樹(草刈正雄)がそのことに反対しているのではないかと剛男にこぼし…。

引用元:引用元:連続テレビ小説 なつぞら - Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表]

キャスト

広瀬すず,松嶋菜々子,藤木直人,仙道敦子,戸次重幸,吉沢亮,山田裕貴,清原翔,福地桃子,富田望生,板橋駿谷,平尾菜々花,重岡漠,長友郁馬,山下真人,柄本佑,小林綾子,草刈正雄,

語り 内村光良

引用元:連続テレビ小説 なつぞら - Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表]

第22話 感想♪

一触即発!?って事もなく、天陽(吉沢亮)と倉田隆一(柄本 佑)先生は速攻で和解、そして先生はなぜかどこかへ行っちゃいましたね。今までのスパルタなんやったん!?

「なっちゃんのままでいてはだめなんですか。」(なつぞら第22話)

山田天陽(吉沢亮)の言葉がその通りだと言った倉田先生。なっちゃん以外の演劇部員は先生の気持ちが分かっていた模様…。倉田先生のキャラが掴めない…(^^;

天陽くんはなっちゃんの芝居をイライラしてみたいたらしい(笑)倉田先生があまりになつを怒るからイライラしたんだとばっかり思ってました( ´艸`)

あんなに熱を入れていた倉田先生が何故だかいなくなり、生徒たちだけで練習することになりました。これも倉田先生の思惑通りなんでしょうか…。謎です。倉田先生の席には門倉努(板橋駿谷)(笑)監督に成り上がるのかと思いきや、門倉は村長の役ゲットしました(笑)34歳の板橋駿谷さんが高校生役としてめっちゃ頑張っている!

「母さんやみんなに親切にされてる」(なつぞら第22話)

なっちゃんのこの言葉に複雑な思いの柴田富士子(松嶋菜々子)。本当の母になりたいと思ってなっちゃんを育てていたのだろう。けれど、なっちゃんとの壁を感じている富士子ちゃん。ならば精一杯なっちゃんを応援したいという富士子ちゃん。優しい家族ではないですか(^^)

富士子ちゃん、いつもちょっと疲れたくたびれた雰囲気がするような気がするのは私だけでしょうかね…(;´Д`)明るさが足りない感じがしますが、あの泰樹(草刈正雄)の娘だし、富士子ちゃんが天真爛漫なタイプってのはないか(;^ω^)まだ富士子ちゃんをそのまま受け入れられてない私がいます。

柴田夕見子(福地桃子)はやっぱり聡明で好きだわ( ̄▽ ̄)「俳優修業」の本の内容を、なつよりも雪次郎(山田裕貴)よりも理解している(≧∇≦)さすが、読書家の夕見子♪

第22話 ツイッターまとめ!

 

以上が、朝ドラ「なつぞら」第22話の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク