「なつぞら」第49話 入社試験中のなつの動きがウザい…不採用の原因は面接だろうね…

朝ドラ「なつぞら」の感想なつぞら感想

2019年5月27日(月)「なつぞら」第49話の感想♪(第9週:なつよ、夢をあきらめるな)

   

スポンサーリンク

【PR】プレゼントにオススメ!
Amazonギフト券
お盆のお小遣いにもピッタリの可愛いケース付き

なつぞら 視聴率

hochi.news

 

第49話の視聴率は21.4%!

第48話は大台割れの19.9%でしたが、やはり安定の高視聴率!広瀬すず&岡田将生ですもんね。そりゃみんな見るわ…。

スポンサーリンク

「なつぞら」第49話 あらすじ

アニメーターを目指して東京にやってきたなつ(広瀬すず)は、東洋動画の入社試験を受けることに。受験当日、受験人数の多さに圧倒されるなつ。絵の試験に続き、面接に臨むと、かつて帯広の映画館で見た大杉社長(角野卓造)の姿が。なつは自身の境遇について語り、大杉社長は奥原なつの名前に、なにかを思いだす。試験後、川村屋に戻ったなつは、光子(比嘉愛未)から手ごたえを聞かれるが…。

引用元:連続テレビ小説 なつぞら – Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表]

 

スポンサーリンク

「なつぞら」第49話 感想

試験中に馬になりきって動き過ぎななつ(広瀬すず)がちょっとうざい(;^ω^)幼少期からよく絵を描いていて、絵を描くと夢中になっているっていうシーンがあったら良かったんだけどねぇ。咲太郎(岡田将生)を探しに北海道から東京に来た時に、漫画映画製作現場に来た時も体を動かしながら絵を描いていたけど。なつが始めた漫画映画の会社を訪れたのはなつぞら第31話

 

31話でなつの絵に高得点の75点をつけてくれた仲 努(井浦 新)に出会ったんだけど、それはせっかく会えた咲太郎が逮捕されて会えなくなっている時だったんだよね。それなのに、意気揚々と会社見学して実際に絵を描いてアニメーターへの夢を膨らましていったなつ。この経緯が好きになれないんだよね~。そのせいか、なつが絵に夢中になっている描写もな~んか好きになれないんだよね~(´;ω;`)だからなのかな、試験中の動きもめちゃうざく見えてしまったのって…。

試験後、川村屋に返ってきたなつも微妙だったよね(;^ω^)野上さん(近藤芳正)にも注意されていたけど、営業中に従業員が表から入ってくるとか…。ないよね。

今更なんだけど、なつがどんな性格の女の子なのかがよく分からない。亜矢美(山口智子)の店を訪れ、たまたま会うことになった書店社長の茂木一貞(リリー・フランキー)と話すシーンもなつの立ち位置が不明で「なつってどういう子なんだっけ?」って分からなくなった。茂木との会話からは何の感情もイメージも伝わってこなくて、面白みが全くなかった…。そう、なつって今のところ面白みがない女の子なんだって思った。なつは周りの男性陣に助けられながら生きている感がすごくある。子ども時代のなつからは生きる力がすごく感じられていたのに…。

なつの元に届いたのは不採用通知。これは面接に問題ありだね。

 

スポンサーリンク

第49話 ツイッターまとめ!

以上が、朝ドラ「なつぞら」第49話の感想でした!

 

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

著:大森 寿美男, 著:小倉 祐也
¥2,684 (2021/07/15 13:40時点 | Amazon調べ)

コメント