連続テレビ小説の感想ブログ♪ 

朝ドラの感想・ネタバレ・あらすじ・ツイッターまとめ

朝ドラ「まんぷく」第53話の感想 忠彦さん、あきらめる(笑)たちばな塩業に新しい仲間♪

「まんぷく」第53話の感想♪(第9週:違うわ、萬平さん)

11月30日(金)第53回放送分の感想です。ネタばれありなので、まだ見ていない方は読まないでくださいね。

前回やっと一つになった塩軍団♪一人一人の名前を呼んで謝ったのが良かったですね。

 

スポンサーリンク

 

香田家でもダネイホン試食♪

 ダネイホン、完成しました!たちばな塩業にて、神部(瀬戸康史)とタカ(岸井ゆきの)、顔を見合わせて完成を喜びます。ちょっと、そこの二人離れなさい!

香田家でもダネイホンの試食です。タカから神部の名前がでるとすぐさま反応する忠彦(要潤)。忠彦、心配で心配でしょうがないんですよねー。それにしてもタカも挑戦的!克子(松下奈緒)の子ですもんね。そして鈴(松坂慶子)の孫。きっと気が強いでしょう(笑)

三田村会長に呼びされる

ダネイホンの発売日。ダネイホンは売れません…。

萬平は三田村会長(橋爪功)に呼び出されました。世良(桐谷健太)もいました(笑)世良なしでもいいんじゃないの?いつも近くに世良がいる不思議さ(笑)

ダネイホンを試食して、そんなにまずいとは思わんと言ってくれた三田村会長。優しい!

誰に売るかを考えることを教えてくれた三田村会長。やみくもに売ろうとしてもだめだということを言ってくれました。応援してくれています!

世良の調子の良さは健在で、三田村会長の一言で手のひら返しです(笑)売れないと完全否定していたダネイホンを、売れますねと言う世良、相変わらずです。

忠彦さん、相談相手を間違える(笑)

萬平、香田家を訪れます。萬平、単独でも香田家に立ち寄るんですね(⌒∇⌒)いい付き合いをしている家族で、うらやましいですね。

「タカがいつもお世話になっています」と丁寧に挨拶する忠彦。忠彦、タカと神部のことを萬平から聞き出そうとします。萬平、忠彦の言いたいことが分かりません(笑)

忠彦が萬平から聞くことをすぐに諦めたところがおもしろかったです。萬平には分からないって察するのが早い(笑)

忠彦と萬平に関するツイッターまとめ

真一さん、失業中だった…

忠彦は萬平に、商売が分かる人に手伝ってもらった方がいいんじゃないかとアドバイスします。そこで、真一さんが失業中だということを知ります。いいタイミングで失業中の真一さん(笑)

後日、福子が真一さんの元を訪れます。経営を分かっている人に手伝ってもらいたい、と真一さんにお願いする福子。真一さん、OKしてくれました(*^^)v

白湯が冷めたと言って入れなおしてくれる真一さん。気遣いができる真一さん♪真一さんが来てくれたら、おかしな方向に突っ走ることもなくなりそうだし、安心ですね(^-^)

真一さんが仲間に!ツイッターまとめ

福子、思いつく!

真一さんの部屋で咲(内田有紀)の形見の絵を見た福子は、ダネイホンを病院に売ることを思いつきます!

まんぷく始まって、早々に亡くなってしまった咲でしたが、枕もとにたって福子や鈴を動かしたり、咲の形見でヒントを得たり…。咲の存在って大切だったんですねぇ。真一さんが出兵した時には、戦死して咲の元へ行くというストーリーになるのかなぁなんて思ってしまいました(^^;

咲が真一さんと結婚してくれたおかげで、たちばな塩業ももう大丈夫そうだし、咲に感謝ですね(^^)

 

以上が、朝ドラ「まんぷく」第53話の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク