連続テレビ小説「まんぷく」の感想ブログ♪ 

朝ドラ「まんぷく」の感想・ネタバレ・ツイッターまとめ

朝ドラ「まんぷく」第51話の感想 タカ親衛隊、密告(笑)塩づくり組とダネイホン組、衝突!

「まんぷく」第51話の感想♪(第9週:違うわ、萬平さん)

11月28日(水)第51回放送分の感想です。ネタばれありなので、まだ見ていない方は読まないでくださいね。

スポンサーリンク

 

密告!

神部(瀬戸康史)とタカ(岸井ゆきの)は仲良くお話しながら、家事をしています。そんな二人をタカ親衛隊の3人が覗き見。小松原(前原滉)と増田(辻岡甚佐)と堀(原雄次郎)。そんな二人に嫉妬したタカ親衛隊は、鈴(松坂慶子)に告げ口しました(笑)

タカが大阪へ帰るのを見送った神部が振り向くと、鈴がいます(笑)神部に釘をさす鈴。鈴の迫力におされたのか、「手は握ってもいません」と嘘をつく神部(笑)手、握ってたのに!

神部、イケメンだし頭いいし良い男なんだけど、ダメだわぁ…。タカと神部を応援できない…(^^;神部はタカの前でだけ良い恰好しすぎで、塩軍団をまとめるどころか乱しているし、好きになれなくなってきました。前は捨てられた子犬みたいで可愛かったのになぁ、神部…。

タカ親衛隊が鈴に報告したことはよかったです!福子(安藤サクラ)は陣痛が起こる直前に、神部たちが言い争っているのを見ていたはずなのに、そんなこと忘れてしまったのか何も対策しませんでしたね。忠彦(要潤)がタカを溺愛していてタカを心配していることをを知っている福子なのにね…。やっぱり鈴が頼りになります。

ところで、週末わざわざお手伝いに来てくれているタカが帰るのを、福子や鈴は見送らないのでしょうかね…。そこが疑問(-_-;)

鈴に告げ口したことに関するツイッターまとめ

久々の咲姉!

しばらく咲(内田有紀)の登場がなく、もう出てこないんじゃないかと思ってました。前回の登場は、疎開先でのことだったように思います。萬平が死にかけてた時に出てきた、ブラック咲姉(第23話)。

今回は、福子の夢枕に立ちました。夏スタイルのさわやか咲姉♪

萬平が仕事に集中できるのは、福子のおかげ、福子が助けてあげないとと諭す咲。

夢枕に立つ咲の言葉は、咲の言葉なのか福子の本心がそう言わせているのか…?

深夜のケンカ…

萬平、ダネイホンの試食をしてほしいと家族に声を掛けます。福子、鈴、タカと一緒に赤津(永沼伊久也)も!赤津の立ち位置って何?家族枠!鈴の側近か(笑)

そのダネイホンは食べられるものじゃなさそうですね。正直な赤津の反応が可愛い(≧∇≦)言葉はなくとも、そのまずさを一番表現した赤津(笑)

赤津、この試食のことを森本(毎熊克哉)たちに話してしまったらしいです。暑さでなかなか寝付けない夜、森本が岡(中尾明慶)に、ダネイホンがまずい話をして怒らせます。

小松原も神部に、タカとあいびきする暇はあるクセにと言って神部を怒らせます。神部、リーダーの役割は全くできず、むしろ火種。

深夜のケンカを止めたのは鈴。鈴がいなくちゃ塩軍団はまとめられないですね。萬平も福子もケンカを止めることはできませんでした。鈴、かっこいい(≧∇≦)鈴はケンカの原因を赤津に聞きますが、赤津はスヤスヤ(笑)

鈴が赤津を信頼していることが分かるシーンで、なんだか嬉しい(⌒∇⌒)鈴と赤津、めっちゃいいコンビです(笑)

このケンカの原因は社長にあると鈴が言い放つと、大人しくなる塩軍団…。萬平のことを慕っているから、文句も言わずにそれぞれの不満を胸にしまった塩軍団。萬平の人柄だなぁ。さすが、みんなから好かれる萬平。戦後何もかも失った男たちが萬平に感謝しているのはもちろん、萬平の頑張っていることが全ては世の中の人のためだということが分かっているので、萬平には何も言えないのでしょうね。

そう思うと塩づくり組VSダネイホン組の戦いは、萬平を巡る争いのようにみえてきます。今まで萬平と出会った男たち、みんな萬平のことが好きだったなぁ…。男から好かれる萬平が愛しい( ̄▽ ̄)

寝てた赤津に関するツイッターまとめ

空気読めない萬平

萬平は、塩軍団の不満を目の当たりにして、みんなが一つになれる方法を考え出しました。それは、ダネイホンの材料をみんなで調達すること。ダネイホン組は牛骨と菜種油。塩作り組は塩とワカメを調達することに決めた萬平(呆)

塩作り組の仕事が増えただけという事に気が付かず、塩軍団の空気にも気が付かず、一人張り切る萬平(笑)赤津のリアクションがいいんですよね~( ´艸`)うちわで顔隠してあきれてます(笑)赤津、いいよねぇ。すっかりお塩メンは赤津となりました(≧∇≦)

萬平の暴走ぶりはさすがですね。改めて加地谷の苦労、想像できますね(笑)

塩軍団のみんな、萬平に気を使いすぎてますね。ちょっとくらい思っている事伝えてもいいんじゃないでしょうか(^^;それくらいしないと萬平は全く空気読めませんからね…。

またまた手榴弾投げちゃってますね…。怖いなぁ、爆弾で魚とるなんて(;´Д`)っていうか、魚とりは交代制じゃないの??いっつも、高木一夫(中村大輝)、 堺俊一(関健介)、野村泰造 (南川泰規)の3人が晩ごはんの魚とってるの???謎です(笑)

そうか、手榴弾の上でガマガエル爆発してたのかΣ(・□・;)あぶなっ!

 

以上が、朝ドラ「まんぷく」第51話の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク