連続テレビ小説「まんぷく」の感想ブログ♪ 

朝ドラ「まんぷく」の感想・ネタバレ・ツイッターまとめ

朝ドラ「まんぷく」第39話の感想 赤津、鈴のお気に入りになる(笑)福子の金策に呆れ…

「まんぷく」第39話の感想♪(第7週:私がなんとかします!)

11月14日(水)第39回放送分の感想です。ネタばれありなので、まだ見ていない方は読まないでくださいね。

headlines.yahoo.co.jp

前回の夫婦漫才も好評だったようです(笑)

スポンサーリンク

 

世良からの電話

世良(桐谷健太)からたちばな塩業に電話がありました。世良は、専売局で塩を買ってもらうよりも闇市で売る方が儲かるという、怪しげな話を持ち掛けました。

萬平(長谷川博己)は世の中のために仕事をしていますから、こういう悪だくみには乗りません。

善悪がはっきりしているところは萬平の良さです。ここは安心してみていられました♪

以前、加地谷(片岡愛之助)が萬平に兵器を作らせようとした時、萬平は断りました。そのことがきっかけで、加地谷は萬平を裏切り憲兵に売り飛ばし、萬平は捕まってしまいました。世良もこのことで萬平に恨みを持たないといいのですが…。

今の世良、萬平を利用することしか考えていない(泣)でも、あの世良がピンハネって、意外です。ずる賢い男ですから、もっと上手く騙して自分に常にマージンが入るようにする方法とか考えだしそうなのに、今のとこはただ泥棒しただけ。でも、油断ならない男ですから、これからもっと仕掛けてくるでしょう…きっと。

上質な塩作りを目指す

品質管理を徹底させることにした萬平ですが、その分とれる塩の量が減ります。鈴(松坂慶子)はそこまでの品質管理に疑問を投げかけますが、萬平も福子(安藤サクラ)も聞く耳を持ちません。

確かに品質は大切です。茶色い塩は嫌です。でも、手間をかければかけるほど、経費がかさみます。それもこれも世良のせいですよ。前回の品質でも専売局は買い取ってくれたんです。3000円で買い取ってもらっていた塩。そこまでの品質を求めなくても塩は高く売れたんです。それが世良がピンハネするから…。

元を正せば萬平の責任ですね。社外の人間に出荷を任せた萬平の責任です!早く気が付いてほしいな、世良に騙されたていたことを…。

鈴は正論を言ってます。経営が危ういこの状況をどうするかを問いただしているのに、信じているからとかお昼ぬきにするとか、まともに取り合わない福子に腹が立ちました。

福子は、自分がお金をなんとかするからと言って萬平の考える塩作りを続けるように話しますが、福子の何とかするって、お金を借りることなんですよね…。何ともなってないんですよ(# ゚Д゚)

神部の告白…

食費も尽きてきたのか、白米にたくあんだけの昼食…。塩軍団は不満を言いますが、鈴に怒られてしまいます。

野村(南川泰規)が釣りに行くことを思いつきました。食べ物がないのなら、自分で手に入れるしかない(笑)野村、良いことを思いつきました!

塩軍団は仕事の後に釣りをしました。仕事への不満を言いながら釣りをするみんなに、神部が語りだしました。

自分が戦争で家も家族も失ったこと、香田家に盗みに入った事、それを萬平が許してくれた事。

神部の話で塩軍団は変わりました。神部のリーダーの素質を疑っていましたが、神部はやりました!(笑)

神部は大阪でみんなをスカウトしてきました。みんなは誘ってくれた事を感謝してるって神部に言ってくれました。塩軍団、いいやつ(涙)

鯛が釣れた♪

釣りをした甲斐がありました!大きな鯛が釣れました♪

 
 
 
View this post on Instagram

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿 -

鈴ならササっとさばいてくれるのかなって思っていたら、できないと言うΣ( ̄ロ ̄lll)

すると赤津(永沼伊久也)がさばいてくれることになりました♪

15歳の時からすし屋で料理人の修行をしてきたという赤津! 鯛をおいしそうなお刺身にさばいてくれました♪赤津!素敵(≧∇≦)

すっかり鈴のお気に入りになりました(笑)

萬平からも鈴の部下になることを命じられた赤津(笑)塩作りと鈴の部下と、どっちの方が大変なんでしょうね(笑)

賢作、よくぞ言ってくれた!

お金が足りなくなった福子は、またやって来ましたよ、水島家へ。

親友のハナ(呉城久美)の夫、水島賢作(松木賢三)に三度借金のお願いをする福子。

そんな福子に、賢作はこう言いました。

「せやけど福子さん、今のままではこれが最後になりませんできっと。萬平さんは職人さんでっしゃろ。とにかくええもんを作りたい。せやけど、それでは社長は務まらん。(まんぷく第39話より)

賢作はお金を貸してくれると言ってくれましたが、ここで福子に釘を刺しました。今まで福子のすることは無条件に応援してきたように見えていたハナも、福子がしっかりしないと会社が潰れると、現実的なことを言いました。

よかった、賢作もハナもよく言ってくれました。お金といえば借りるしか能がない、鈴の助言を全く聞こうとしなかった福子によくぞ考える機会を与えてくれました。危機管理能力がなさすぎて見ていられなかったのですが、これで福子も自分たちがどれだけ無謀なことをしているのか気付くことができるでしょう。

 福子の金策に関するツイッターまとめ

言いにくい事を言ってくれた水島夫婦に感謝です。嫌味っぽく言うのではなく、福子を思って言ってくれてることがわかる言い方でした。これで福子が目を覚ましてくれるでしょう! 

 

以上が、朝ドラ「まんぷく」第39話の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

スポンサーリンク