連続テレビ小説の感想ブログ♪ 

朝ドラの感想・ネタバレ・あらすじ・ツイッターまとめ

朝ドラ「まんぷく」第16話の感想 福子、三田村会長に直談判!忠彦は鈴に一撃(笑)

「まんぷく」第16話の感想♪(第3週:そんなん絶対ウソ!)

10月18日(木)第16回放送分の感想です。ネタばれありなので、まだ見ていない方は読まないでくださいね(^^)

前回の視聴率も好調!

www.nikkansports.com

やっと世良(桐谷健太)も出てきてくれて、楽しめた15話でした♪

世良は「立花君のことは諦めろ」と言ってましたが…。どうなるんでしょう!?

 

咲が夢枕に…

鈴(松坂慶子)は夢を見ます。

咲(内田有紀)が夢枕にたって、

「福子は、自分が小説の主人公になった気でいるんよ。立花さんのこと、好きになったって、勘違いしてるんやわ。」 「同情と恋心がごっちゃになってるってこと。」 「私は、お母さんの味方よ。」

という夢…。

自己中心的な鈴、夢の中までもか!

↑斬新ですね(笑)

福子(安藤サクラ)は大阪東洋ホテルのフロントで、フロント係の先輩の保科恵(橋本マナミ)に鈴の夢の話をします。

「お母様が見た夢なんでしょ。お母様の願望よね、それは。」と切り捨てる恵(^^)

混乱する福子の支えになっている恵。頼もしいですね!

 

恵、ナイスアドバイス!

福子と恵は萬平(長谷川博己)のことを話します。どうしたらいいか分からないと言う福子に、

恵は、「もっと、力のある人に協力してもらわないと。」と。うんうん、良いアドバイス!

福子「そんな人、私の知り合いには…。」

支配人「保科君、今井君。」

恵・福子「はい。」

支配人「今日は、よろしく頼むよ。」

恵「今日?」

支配人「商工会の会合だよ。」

恵「あっ。」

福子「そうでした。」

支配人「三田村会長もいらっしゃるから、くれぐれも、失礼のないようにな。」

福子「かしこまりました。」

恵「三田村会長?」

福子「5時からやから。」

恵「三田村会長!」

福子「えっ?」

支配人(曽我廼家寛太郎)から三田村会長(橋爪功)の名前を聞いてすぐにピンときた恵!

恵、優秀ですね♪

うんうん。三田村会長に助けてもらえれば何とかなるかも!でも、どうやって頼むんだろう…。 

 

福子、三田村会長に直談判!

大阪東洋ホテルの控室で福子と三田村会長、2人きりです!これはチャンスですね!

新聞を読む三田村会長に福子、「何か、気になる記事はおありですか? 」と話しかけます。

三田村会長「ん? うん。日本軍が快進撃を続けているという記事ばかり毎日のように出とるんやが。そんな簡単に アメリカイギリスに勝てるもんかね。」

福子「そんな事口にされてはいけません。」

三田村会長「負けるとは言うとらんよ。しかしな、我々商売人は軍人さんとは違う。しっかりと、現実を見ないかん。」

福子「世の中がどう転んでもいいように?」

三田村会長「うん。君、名前は?」

福子「今井福子と申します。」

三田村会長「おお、今井君か。なかなか、鋭いな。 」

福子、三田村会長の気を引くことに成功しましたね!さすが賢い福ちゃん♪

そして、萬平の話を切り出します。

福子「あの、会長。立花萬平さんという方をご存じですか?」

三田村会長「立花…。」

福子「理創工作社の方です。根菜切断機を開発された。 三田村会長「あっ、根菜の。覚えとる覚えとる。」

福子「こういう仕事をしておりますと、いろいろな方の評判を耳にします。三田村様が会長になられてから、もう大阪の景気がよくなったとか、三田村会長には足を向けて寝れない、とか。」

三田村会長の笑い。

福子「その次に、よく  聞くのが、立花さんのことです。 」

三田村会長「ほう。」

福子「立花萬平はいずれ大阪経済を背負って立つ逸材だと。」

三田村会長「ほ~そこまで。頼もしいな。」

福子「その立花さんが、今、憲兵に捕まってるんです。軍に納める品物を、闇業者に横流ししたという疑いで。」

三田村会長「横流し?」

福子「でも、立花さんそんな悪事を働くような人ではありません。三田村会長、どうか、会長のお力で、立花さんを助けて頂けないでしょうか? 」

三田村会長「そんな事いきなり言われたかて。第一、憲兵に捕まるいうのは君な、大ごとやぞ。」

福子「お願いします、会長。」

三田村会長「しかしな、大体何でそんなこと、君が私に頼むんや?」

三田村会長につっこまれ、返事に困る福子。それにしても、萬平の根菜切断機、三田村会長に覚えてもらえてたんですね♪第5話(朝ドラ「まんぷく」第5話の感想 萬平、福子にデレデレしすぎる!野呂缶も登場♪ )で萬平は三田村会長に根菜切断機を説明したんですよね。「コンサイ?あぁ、根菜ね!」ってなった三田村会長でした。

 

福子が返事に困っていると、世良がやってきました!

さすが世渡り上手な世良。三田村会長に挨拶にきましたね。控室にいる会長に挨拶にくるとは、世良は心臓が強いですね(笑)

世良と三田村会長が挨拶している途中、福子声を上げます!

「それは、大阪のためです!先ほども申し上げたように、立花さんは将来大阪を担う人です。もう何が何でも助けてあげなければなりません。」

大阪のために萬平を助けるときたか!よく思いつきましたね、福子。咲の結婚式(朝ドラ「まんぷく」第4話の感想 福子のスピーチに感動!萬平、恋に落ちたか!? - )でも機転が利くところを見せてくれましたが、ここでもやってくれましたね!

呆れる世良をよそに、福子は三田村会長を説得します。

「三田村会長!立花さんを救えるのは会長だけです!もう憲兵隊だって、大阪経済界の総大将に物申されて知らんぷりできるはずありません!」

福子の情熱に負けたのでしょうか。圧がすごかったからでしょうか。三田村会長、福子の願いを聞いてくれましたよ!!

三田村会長「ああ、分かった分かった。なんとかしてみようか。」

やったぁ!三田村会長がまごのわがままを聞くおじいちゃんのように見えた私(笑)

三田村会長は、交渉のうまい人間に頼もうかと提案します。すると 福子が、「それなら、難波屋の板東さんは  どうでしょう? あの方はとても優秀だし面倒見がいいし、正義感も強いし。」

三田村会長「ああ、板東君な。」

世良「お待ち下さい三田村会長!板東さんは、育ちがよすぎます。ボンボンです。いざ憲兵相手となると、腰が引けるでしょう。」 「その役目は私めにお任せ下さい。この世良勝夫が、ご期待に応えてみせます! 」

福子「え~!」

またでた!手のひら返しの世良(笑)そういうとこ、好きです♪

福子と廊下で話すと、また「立花君はラーメン一緒に食うた親友や」って(笑)

調子良すぎ!!

 

福子の直談判に関するツイッターまとめ

↑福ちゃん、完璧です!

 

↑誰の事?って思ってたらそうでしたか。「べっぴんさん」見てなかったから知らない(T_T)

 

↑世良に期待!

 

↑ちょこちょこおもしろいとこあって、ホントに「まんぷく」好き♪

 

動き出す世良

さっそく世良、動き出します。商工会の会合にきた加地谷(片岡愛之助)に話しかけます。

世良「会社は大丈夫ですか。立花君がおらんうようになって。」

加地谷「あんたは心配してくれんでええ。」

世良「不思議やなあ。何で立花君を弁護しようとせえへんのです。彼は大事な人材でしょう。」

加地谷「もうやめてくれ。終わった話や。」

世良「終わっとらへんやろ。」

加地谷…。私は加地谷さんのこと、信じていた時もあったのに…。萬平と一緒に会社をやっている仲間だと思っていたのに。ひどい男だったんですね…。

世良の調子の良い時と、厳しい顔してる時のギャップが好きです♪浦島のCMがあんまり好きになれなくて、桐谷健太が好きじゃなかったのだけど(^^;すっかり好きになりました(笑)

忠彦、鈴に一撃をくらわす!

鈴、またしても克子(松下奈緒)の家で福子のことを愚痴ります。

今回は忠彦(要潤)も一緒!絵を描いていない!

鈴は、夢に咲が出てきたことを話します。自分の考えが正しい、咲も同じ考えなんだと話します。

そんな鈴に、忠彦が言います。

「おかあさん。ぼくたちは福ちゃんの味方です。」「真一さんも言うてました。福ちゃんが悪い人を好きになるわけがないって。」

克子も言います。

「そう。私たち、福子を信じようって決めたの。」

忠彦「福ちゃんの友達も、ホテルの人達も、みんな彼女を心配してるんですよ。」

鈴「嫌です!」

忠彦「おかあさん。」

鈴「私は武士の…。」

克子「武士の娘は関係ない!」

忠彦「関係ありませんよ、おかあさん。」

鈴の口癖「私は武士の娘です」を封じた克子と忠彦!

忠彦、いつもは無口なのに、言う時は言うんですね◎

忠彦が福子のこと、「福ちゃん」って言うの好きです♪

忠彦VS鈴に関するツイッターまとめ

↑忠彦さんでも黙ってみていられない鈴だったのでしょう。

 

↑よくぞ言ってくれました!

 

↑鈴の娘たち、あの親なのに健全に育ち男を見る目もあるんですね!

 

稲村大悟、まさかの釈放!

稲村大悟(六平直政)、釈放されることが決まりました。

え?冤罪で牢獄に入れられていたのですか!?あの悪人顔で(笑)

そんな稲村の釈放を心から喜ぶ萬平。「そうですか。よかったですね、稲村さん。本当によかった。」

稲村「お前みたいなやつ、初めてや。」

稲村「お前は…、無実や。信じてるで、わいは。」

萬平「ありがとうございます。 」

稲村「あんたも、絶対に出てこい。絶対に!」

泣けましたね。稲村の釈放を自分のことのように喜ぶ萬平、本当に心がキレイな人ですね。

稲村大悟と萬平。またどこかで会えるのでしょうか。

 

↑この二人、これきりだと寂しいですよー。また会えるのかな。期待してます。

 

 

以上が、朝ドラ「まんぷく」第16話の感想でした! 最後まで読んで下さりありがとうございました♪