連続テレビ小説「まんぷく」の感想ブログ♪ 

朝ドラ「まんぷく」の感想・ネタバレ・ツイッターまとめ

朝ドラ「まんぷく」第14話の感想 保科恵、株を上げる!福子、憲兵に物申す!

「まんぷく」第14話の感想♪(第3週:そんなん絶対ウソ!)

10月16日(火)第14回放送分の感想です。ネタばれありなので、まだ見ていない方は読まないでくださいね(^^) 

前回、拷問をうけた萬平(長谷川博己)(>_<)前回拷問を受けた後、憲兵から「明日はもっと容赦しないぞ」って言われていましたよね…。

拷問されるハセヒロもなかなか人気なようです(^^)

鈴、 克子に相談

福子(安藤サクラ)の様子が変だという事を相談しに、香田家を訪れている鈴(松坂慶子)。

夜中、「助けて、助けて」と汗ぐっしょりでうなされている福子の事を克子(松下奈緒)に話します。

鈴と克子の話に割って入って、

重之「僕も怖い夢みてん。タヌキに追いかけられたー。」

鈴「あらまぁ」

克子の息子:重之(荻野煌希)のタヌキの夢の話♪可愛い!

そういえば…。「半分、青い」ではスズメや律が自分の子どもをないがしろにしているようなお話であまり好きになれなかったなぁ…。

話し戻って…。

心配する鈴に空元気の笑顔で「ありがとう」という福子。鈴はその不自然な笑顔に気付いてはいるものの、原因は咲の死にあると違いないと思っているのでやっかいそうですね。

 

恵、福子の異変に気付く

前回、福子が萬平のことを恵(橋本マナミ)に相談しようとしました。が、野呂君(藤山扇治郎)と牧善之介(浜野謙太)のことで頭がいっぱいの恵は全く聞いてくれませんでした。

恵は今日も野呂君と牧善之介の話ばかりです。

いつのまにか野呂君と牧善之介は、保科恵のことを「恵さん」と呼んでいるらしいです(笑)

野呂君と牧善之介、頑張っているようです。

そんな恵の話を上の空で聞く福ちゃん。

ようやく恵は福子の異変に気が付きます。

恵「あれ?間違ってるわよ。今井さん」

恵「どうしたん?今井さんも何かあったん?」

福子「別に。何も。」

恵「笑顔がひきつってる。」

福子「ほんまに。もういうてもどうにもならへんし。」

仕事でもミスをしてしまってる福子。そんな福子をみてようやく何かあったのかと思ったんですねー。

前回の恵は自分のことばかりで嫌だったけど、今回気が付いてくれて良かったー! 

支配人「保科君、接客を頼む多いんやけど、ええかな?」

福子「一人で大丈夫です。」

心配そうに福子を見つめる恵。

うんうん。ちゃんと心配してくれてますね。

恵、いい人で良かった!

野呂君&牧善之介、コンビ結成?

社員通用口で恵を待ち伏せする牧善之介。野呂君も駆けつけます(笑)

恵にワンピース素敵ですね!

白地にバラのワンピース。おしゃれですね(^^)

二人から好きだと言われる恵は、

「でも今、私が気にしてるのはお二人のどちらでもないの。」

と言います。

「今井さん」「様子が変なんよ。笑顔がひきつってて。」

と恵は二人に福子の様子が変で心配だと話をします。

牧善之介「分かりました。私が確かめます。彼女のことは、昔から知っています。」

恵「牧さん!」

野呂君「ぼくが確かめるよ。3年間彼女に缶詰あげ続けたんは僕や!」

恵「野呂さん!」

牧善之介も野呂君も、恵にいいところを見せようと必死ですね!

それにしても3年間缶詰あげ続けたことをあんなに自慢げに(笑)おもしろすぎるぞ、野呂君!横流し疑惑(笑)

「そしたら、そしたら。二人でお願い。」

恵、恋愛経験ないと言いつつ、2人の男を手玉に取りましたね(^^)

恵と野呂牧に関するツイッターまとめ

↑野呂君、そこ主張しちゃうんですね(笑)

 

↑いいコンビ結成ですねー(^^)

 

↑前回株を落としかけた恵。再浮上ですね!

 

加地谷、またも遠藤社長に会いに行く

戦争が身近なものになってきて、理想工作社も大変な状況になってきているようです。

加地谷「今は耐える時や」

竹ノ原「社長」

加地谷「遠藤社長におうてくる」

竹ノ原「立花さんはどうなるんですか?」

加地谷「お前はもうすぐ入隊や。余計なことを考えるな。」

竹ノ原(宮田佳典)は萬平のこと、心配してくれています。

加地谷(片岡愛之助)はまた遠藤社長に会うって…。遠藤社長って誰なんでしょうね。

 

野呂君&牧善之介、尾行開始! 

仕事が終わった福子の後をつける牧善之介と野呂君。

牧善之介、野呂君が「今井さん」と呼ぶのに対して、「僕は福ちゃんって呼んでるから」と対抗しています。

良きライバル(笑)

福子は親友のハナ(呉城久美)と敏子(松井玲奈)と待ち合わせしていました。

ハナ「私ちょっとこわなってきた。」

福子「一緒に行くって約束してくれたやん。」

敏子「もう覚悟を決めないと。」

雨が降り出します。

3人の後をつける野呂君と牧善之介。

憲兵相手に引き下がらない福子

立花が拘束されている大阪憲兵隊東大阪分遺隊までやってきた福子と敏子とハナ。野呂君と牧善之介は車の陰からその様子を伺います。

「立花さんはここにいるんですよね。」

「立花さんを返してください。あの人が悪い事をするわけないんです。」

憲兵相手に物申す福子!

敏子とハナは一歩引いたところから、「お願いします」と頭を下げます。

憲兵に突き飛ばされる福子。

そんな福子を見て、野呂君が真っ先に駆けつけます。

牧善之介も後に続きます。

野呂君「申し訳ありません。この人は最近身内を亡くしまして」

牧善之介「許してやってください」

野呂君と牧善之介が福子を抱えてその場から離れます。

野呂君、3年間福子を想い続けただけあって、福子が突き飛ばされて居てもたってもいられなかったのですね。

すぐに助けに来てくれました(^^)

野呂君と牧善之介がいてくれて良かったですね。

 

福子と敏子、ハナ、野呂君、牧善之介は喫茶店にいます。そこに、駆けつけてきた恵。

恵「どうしたの今井さん。」「どうして憲兵に食って掛かったりしたのよ、今井さん!」 

雨に濡れて、突き飛ばされて服もドロドロで、可哀そうな福ちゃん…。

福子が憲兵に向かっていったことに関するツイッターまとめ

↑安藤サクラは本物!

 

↑保科さんグッジョブでしたね(^^)

 

↑うんうん。野呂君の言葉、良かったですよね。

 

↑いち早く動いたのが野呂君!

 

↑味方が増えましたね!

萬平、ハンガーストライキ!

牢獄にて、稲村大悟(六平直政)が萬平の分も持ってきてくれます。

稲村大悟「いらんのか。わいがもらうで。」「ふん。何考えとんねん。」

萬平「食えるか。そんなまずい飯。」

憲兵はハンガーストライキする萬平の取り締まりを一層厳しくするように話をしています。

萬平を救ってくれるのは誰なの!?

 

「おい…、立花」と稲村大悟。

稲村大悟「憲兵にけんかうったかて、勝てっこないで。」

萬平「ぼくはやってません。」

稲村大悟「ほんまは、腹減って死にそうなんやろ。そんなんいつまでも続かへんぞ。」

萬平「やってもない事を認めるくらいなら、僕は死んでもかまいません。」

稲村大悟、萬平に心を動かされたようですね。

稲村大悟と萬平に関するツイッターまとめ

↑獄中での萬平は福子にデレデレしてた時とギャップがあって、それがまた良いですね!

 

↑稲村さん優しいですよね♪

 

↑稲村さんがいて良かった!

 

福子、仲間と一緒に帰宅

夜の8時を過ぎても帰らない福子を心配顔で待つ鈴。

鈴「福子ー。こんな時間までどこ…」

鈴「どうしたの福子?…そんな、泥だらけになって」

恵「福子さんの同僚の、保科恵と申します。」

先頭を切って話し出す恵!

何だか急にでしゃばってきた感がある恵…(^^;

何度も福ちゃんの家に遊びにきたことがあって、お母さんとも顔なじみであろう親友よりも先に話し出すとは!

恵、なかなかやりますね…。

鈴に萬平が捕まっていることを話せなかった福子。みんな福子を思ってお母さんに大事なお話があることを福子に代わって伝えます。

「立花萬平」という名がでて驚いた鈴。

説得できるのでしょうか!?

 

 

以上が、朝ドラ「まんぷく」第14話の感想でした! 最後まで読んで下さりありがとうございました♪