「まんぷく」第12話 大谷亮平が演じる真一さんの優しさに感動

まんぷく感想
スポンサーリンク

【PR】プレゼントにオススメ!
Amazonギフト券
お盆のお小遣いにもピッタリの可愛いケース付き

「まんぷく」第12話の感想♪(第2週:…会いません、今は)

2018年10月13日(土)第12回放送分の感想です。

朝ドラ「まんぷく」を無料で全話見たい方は以下の記事を参考にしてください。

 

前回、咲が亡くなりました。

内田有紀さんの演技に絶賛の声が上がっている模様です。

news.mynavi.jp

もう咲がいなくなってしまったなんて、悲しいです(T_T)

スポンサーリンク

大阪東洋ホテルにも戦争の影

時は昭和17年夏になりました。

人々の生活は次第に苦しくなります。

ホテルにも戦争の影響がでてきます。

福子「お客さんが少なくなってきましたね」

恵「外国人のお客様もいなくなってしまったし」

忍び寄る戦争の影…。

支配人(曽我廼家寛太郎)は福子(安藤サクラ)を気にして、恵(橋本マナミ)に聞きます。

「今井さんは大丈夫か。いつもと変わらんように見えるけど」

支配人も姉を亡くした福子を心配してくれています。良い上司ですね。

スポンサーリンク

福子、母の前では泣けず

福子、帰宅。

一息ついて、「ただいま」を元気に言う福子。

本当に良い子ですね…。

「あかりぐらいつけたら」と電気をつける福子。

母の鈴(松坂慶子)は元気がありません。

お昼にうとうとしていたら咲の夢を見たと話す鈴。咲は向こうでお父さんの世話をやいてるんよと…。

福子は咲姉のことを思い出して涙を流します。

福子は一人になると泣きます。母の前では泣けないのでしょうね…。

辛い日々が続きますね…。

スポンサーリンク

加地谷最低発言!

竹ノ原(宮田佳典)のもとに赤紙が届きました。

「お国のために戦えるんや、若い奴らは。うらやましい」と加地谷(片岡愛之助)。

萬平は自分のところに赤紙がくるかもしれないと考えます。

「新商品の開発はどうするんですか?」という萬平に、

「もう新しいものに手を出す余裕はないやろ」と加地谷は言います。

あれ?兵器を作らせようとしていたのは、どうなったのでしょう…。

第10話では、根菜切断機が頭打ちになって、新兵器を作れと迫っていた加地谷でしたが…。以前の記事はこちら↓

朝ドラ「まんぷく」第10話の感想 忠彦、咲姉にプレゼント♪野呂君のりかえた!? – 連続テレビ小説「まんぷく」の感想ブログ♪

10話では昭和17年の3月でしたよね。あれから数か月…。新兵器を作らずとも、お金を得る方法を考え出したのでしょうか。

前回第11話での、加地谷が五十嵐社長とよく会っていたことや世良から聞いた横流しの話…。気になる点が多すぎる…。

福子の話になると…。

「姉貴が元気になるまであえへんゆうてたのに、まさか死ぬとはな」

と加地谷。

別の女探すしかないとぬかす加地谷(--#

加地谷、私はお前のことが嫌いだ!

スポンサーリンク

まさか、蘭丸が(>_<)

街を歩く牧善之介(浜野謙太)。

ん?蘭丸は?と思ったら牧善之介、話しかけられる。

やっぱり「なんで馬に乗ってないの?」って思われるんだなぁ、牧善之介は…。

蘭丸を兵役にとられたと話す牧善之介( ̄ロ ̄lll)ガーン

「それはおめでとうございます」と男性…。

そう、そういう時代だったんだもんね…。

 蘭丸をとらたことのツイッターまとめ

↑蘭丸にそんな役割が…!

↑大ショックです(>_<)

↑また牧善之介と蘭丸が会えますように…

牧善之介、プロポーズ!

牧善之介、恵に会いに大阪東洋ホテルのフロントに訪れます。

「私はあなたに結婚を申し込みます。日本の勝利を二人でお祝いしましょ」

牧善之介、プロポーズ!

えぇ!早い!出会ってからプロポーズまでが早い!!

野呂君(藤山扇治郎)、いいところに出くわします。

「あの人誰なんですか。星野さんあの人と…」

取り乱す野呂君(笑)

恋愛経験のない恵。どっちを選ぶ!?いや、どっちも選ばないパターンもありか(^^)

福子、真一さんに会いに行く

小野塚家を訪れた福ちゃん。

やつれた様子の真一さん(大谷亮平)がでてきます。

今までのきっちりかっちりしていた真一さんとは一転。その姿が、どれほど咲を大切に思っていたかを表していました。

「福ちゃん」と出迎える真一さん。

忠人の絵。飾ってありますね。やっぱり綺麗。

真一「実は一昨日、赤紙がきてね」

真一「だからもう、この家でひとりでいることもない」

福子「おめでとうございます」

真一さんのところにも、赤紙がきたのですね…。どこか安心したような真一さんに見えました。

もう家に一人でいなくてすみますからね…。

真一「立花さんにはお礼を伝えてくれた?病院を紹介してくれたこと」

福子「はい」

福ちゃんがお付き合いしてる人だよね、と尋ねる真一。立花さんと会っていないと話す福子。

「それでいいんか?立花さんは福ちゃんにとって大事な人やないの?」

「自分の人に正直になるべきだ。咲やお母さんは関係ないんとちゃうの。」

「大事な人がいるなら、生きてそこにいるなら、簡単に手放してはいけない。」

真一さん、福子と萬平の話をしてくれてありがとう!

ところで、真一さんが福子のことを「福ちゃん」って言うの、好きです♪

真一さんの言葉に関するツイッターまとめ

↑真一さんの言葉には重みがありますからね。

↑真一さん。赤紙に救いを感じているように見えましたね。

↑部屋は綺麗にしていましたね。さすが。

↑福子は真一さんに背中を押してもらったんですね(^^)

↑本当に。無事に帰ってきてくれますように。

↑本当の妹に話すような雰囲気でしたね。真一の優しさ、福子を思う気持ちに泣けました。

スポンサーリンク

福子、萬平に会いに行く!!

真一さんの言葉に背中を押された福子は理想工作社を訪れます。

「ごめんください」2回声をかけたけど、気付かれないので入ってきた福子。

福子「すみませんでした。連絡しなくて。姉が亡くなって、母の世話と仕事の事以外何も考えられなかったんです。」

萬平「わかります。」

福子「 立花さんにももう会わんほうがええってっ…。でも、やっぱり私は、私は…」

…。憲兵が理想工作社に入ってきます!

憲兵「立花萬平はお前か?」

萬平「え?」

憲兵「お前か?」

萬平「そうです。」

憲兵「軍事物資横領の容疑で逮捕する。お前が横流ししたのはわかってるんだ。」

連れていかれそうになりながら萬平は福子に伝えます。

「福子さん、これは何かの間違いです。ぼくは何も悪い事なんかしていません。」

憲兵に連行される萬平…。なんだかえらいことになってきましたよ…。

あぁ、福ちゃんが萬平に正直な思いを言える。良かった!と思っていた矢先の出来事でした(>_<)

以上が、朝ドラ「まんぷく」第12話の感想でした!

最後まで読んで下さりありがとうございました♪

コメント